最近ちょっとしたことでイライラしたり、なにもないのに汗が止まらないってことありませんか?

それもしかすると、更年期障害かもしれません。

更年期障害は、50代からなる人と思っている方が多いですが、実は40代が一番多く発症しており、最近では20代の若年性更年期障害も確認されています。

更年期障害で鬱や家族崩壊なんてことも実際にあります。そうなる前に改善・予防をしましょう。

当サイトでは、更年期障害をもっと知ってもらうための知識や予防や対策に役立つ更年期サプリメントなどをご紹介しています。

目次

かつては婦人病と言われ、現代は男女を問わず発生する更年期障害とは?

更年期障害とは
誕生から幼少期、成長期を経て人は生物的な成長と内面的な成長を行います。

子孫を残すために体内で行われる「生殖活動」は年齢を重ねると共に徐々に低下し、女性の場合40代前半~50代後半に閉経うを向かえることから、古くから女性の更年期と更年期障害はクローズアップされてきました。

近年の研究結果では男性も40代を迎えると原因不明の疲労感や集中力の欠如、鬱やイライラしやすい心理状態や身体能力の衰えなどが始まり男性の更年期がクローズアップされ更年期障害は婦人病ではなく、性別を問わず年齢を重ねてきた人誰にでも起こりえる症状です。

更年期障害は性別を問わず年齢を重ねることで発生する生理現象なのか?

生まれながらにして妊娠や出産を行う能力を持ちあわせた女性は、歴史的に「子孫繁栄」の立役者として活躍してきました。

生理学的に子孫を体内で育む機能は女性にしか与えられていないため、世界各地に散らばる人間社会の中で「子孫繁栄の象徴」として揺るぐことのない存在感を確立していきました。

しかし女性は出産という人類の繁栄に寄与する能力を持ち合わせたがために、閉経後は「更年期」と呼ばれる期間に突入し「更年期障害」をいう症状に悩まされるという非常に過酷な運命の中に生きることを余儀なくされていたと言えます。

その一方で一般的に更年期を迎えることがないと考えられていた男性にも、実は更年期があり更年期障害が発生することが近年の研究で解明されつつあります。かつて男性の生殖機能は一生続くと言われていました。

しかし生物学的には生殖機能のピークは確実にあり、ピークを過ぎてしまった男性も、生物のオスとしての役割の終わりを迎え男性も更年期に突入し更年期障害を発症すると考えられています。

性別を問わず訪れる更年期障害の具体的な症状とは?

更年期障害の症状
性別に係わらず男女共通に迎える更年期による更年期障害の具体的な症状とは一体どんなものなのでしょうか?一般的に更年期障害と呼ばれる症状を男女別に確認してみましょう。

性別による具体的な更年期と更年期障害とは?

女性の更年期障害に対しては古くから研究が行われてきた結果、多くの症例が積み重ねられ一定の対策法や予防法が研究・開発されてきています。

しかし近年クローズアップされた男性の更年期障害に対する症例は、サンプルケースが乏しいため今だ研究の余地が多く残されている状態です。

典型的な婦人病として捕らえられていた女性の更年障害の症例とは?

既に紹介したとおり女性の更年期には閉経が大きく関与していると考えられています。生物の本能をベースにDNAに書き込まれている生殖活動として女性の場合、定期的に訪れる「月経(生理)」がプログラミングされています。

この月経が終了するタイミングを一般的に更年期と呼び、更年期に差し掛しかかったことでホルモンバランスが崩れ、かつて体験したことのない症状が発生する現象が「更年期障害」として認識されています。

女性の更年期障害の症例として発汗やのぼせ、動機や息切れ、冷え性やめまい、立ちくらみなどの日常生活を送るのに困難な症例や、倦怠感や偏頭痛、肩こり、睡眠障害、イライラや不安感など他人に理解してもらえない症状が多く確認されています。

▼更年期の頭痛について詳しく書いています。
毎日頭痛がする!?更年期障害の症状かも。。その原因と対策とは?

典型的だと考えられている男性の更年期障害の症例とは?

古くから婦人病だと考えられ、男性には無縁だと言われていた更年期障害ですが、実は男性にも発生することが近年の研究で確認されています。

男性の更年期障害の特徴として最も特徴的なものは精力の低下と言われる勃起障害ですが、これ以外にも集中力の低下や無気力感、不安感やイライラなどの特徴がみられます。女性の更年期障害の特徴として知られる発汗などの症状がみられます

性別の壁を越えて発症する更年期障害の原因とは?

更年期は幼児期、成長期を健康的に過ごした方でも突入してしまうもののようです。もし更年期が誰しもが突入し、避けることができないものであるのであれば更年期はなぜ起こってしまうのでしょうか?

年齢を重ねることでホルモンバランスが崩れてしまう?

人体は天文学的な数の細胞によって形成され、維持されています。私たちの知らない間にこれらの細胞が死と再生を繰り返しながら、常に代謝を行ってくれていることで健康的な肉体を維持することができます。

細胞の代謝に大きく影響しているのが体内で分泌されるホルモンなのですが、ホルモンの分泌は非常にデリケートなもので生活環境に大きく影響されるほか、年齢を重ねるごとに確実に分泌量が減少していきます。

例えばニット帽をかぶり、体の線を隠す衣類を着用したとしても若者の場合は性別を誤魔化すことが困難ですが、高齢者の場合は判断が難しくなっていく傾向にあるのは男性ホルモン、女性ホルモンそれぞれの分泌量が低下していることが大きく影響すると言われています。

このように性別を問わず、一定の年齢を迎えると本来分泌荒れるべきホルモンの分泌量が変化し、性別の特徴が希薄になる傾向があると考えられます。性別を司るホルモンは直接生殖機能に影響することから、年齢を重ねることで女性の閉経や男性の加齢による生殖機能の衰えが発生します。

更年期や更年期障害を防止する方法はあるのか?

更年期への突入や更年期障害の発症は生物学的に回避できるものではないと考えられます。しかし栄養バランスの取れた食生活を実現し、医療技術の発達と共に私たちの平均寿命は驚くほど伸びています。高齢出産を行うことも珍しくなくなった現在、更年期と更年期障害の対策は現実的になりつつあります。

人類はホルモンバランスをコントロールできるのか?

かつて日本では「人生50年」と考えられていたことは、戦国時代の織田信長が好んで舞ったと伝えられる「敦盛(あつもり)」の例をとっても判ります。

しかし現代に於いて50歳はセカンドライフのスタートラインに立とうかといういう年齢です。新しい人生に向かって動き出そうというタイミングで更年期に突入し、更年期障害に悩まされる事態は避けたいものです。

しかし年齢を重ねることで生殖機能が低下し、ホルモンバランスが崩れてしまうのは抗いようのない生理現象である以上、ホルモンバランスは人類がコントロールすることができないものなのでしょうか?

栄養バランスの取れた食生活は様々なライフ・スパンを延長する!

第二次世界大戦後の日本人は平均身長、平均寿命を大きく伸ばしました。食生活を取り巻く環境が激変し、バランスの取れた食生活を送ることができるようになったのが大きく影響しているのは間違いありません。

以前の40~50代に比べると非常に若々しい方が増加しているのも、食生活が大きく様変わりしたことが強く影響していることは言うまでもないことです。生物学的には寿命が延びることは、それだけ子孫を作る時間が伸びることに繋がりますから現代人の更年期は従来より先送りされていると考えられます。

健康に対する意識の高まりと医療技術の進化は素晴らしい!

現代の健康ブームとそのニーズに応えようとする医療技術の進歩は目を見張るものがあります。実は現代医療の技術力であればホルモンコントロールは難しいことではないです。

しかし高額な医療費を支払ってまでホルモンコントロールを行うことは、一部の利用者以外にとっては現実的でないという状況です。

技術の粋を注ぎ込まれた栄養補助食品とは

現代の食生活は栄養バランスに恵まれていると紹介しましたが、伝統的な食生活を比べれば遥かに栄養バランスが取れている食生活でも、栄養学的見地から見るとバランスを欠いている状態です。

事実推奨される栄養素を食事から摂取するとなると、意外と難しいという側面もあり効率的に栄養を摂取する方法として栄養補助食品であるサプリメントを活用する方は少なくありません。

サプリメントは医薬品ではありませんが、医学的・栄養学的に研究し開発されているために高い効果が期待できる数多くの商品が販売されています。

ホルモンバランスを維持する効果が期待できる栄養素や、ホルモン分泌を促す働きが見込まれる栄養素を凝縮して配合してあるサプリメントがあり「アンチエイジング」や「更年期障害対策」の効果を狙ったサプリメントとして販売されています。

サプリメントは比較的リーズナブルな傾向があることや購入には医師の処方箋も必要ないことから、毎日の食生活にプラスする形で服用することで気軽に取り入れることができる更年期障害対策です。

人気おすすめ更年期サプリランキング

高麗美人

高麗美人
高麗美人はお肌と健康にとても効果のあるサプリメントです。名前を見て分かるとおり、高麗人参を主成分として作られています。高麗人参の中には「サポニン」という成分が含まれており、これがお肌と健康に良い効果をもたらしてくれます。

サポニンはイライラや不眠などの自律神経からくる症状を抑えてくれる役割があります。更年期サプリメントの中でも人気が高い商品です。

定期コースで購入すると2791円で購入でき、一日98円という安さも魅力の一つです。単品で購入しても3024円ですので、比較的安価に試すことができます。


ヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEX


FUWARI(フワリ)

フワリ
FUWARI(フワリ)は美容の悩みを解決してくれる美容成分を配合したサプリメントです。アンチエイジングに効果のあるプラセンタを高濃度で配合し、シミやしわ、くすみやたるみ、毛穴の開きやお肌の乾燥にとても効果があります。

さらに、ビタミンE、ヒアルロン酸、セラミド、エラスチン、アスタキンサンチンも含まれており、美肌効果が期待できます。

フワリに配合されているプラセンタは通常のプラセンタよりも濃密に濃縮されており、1日に3粒で7200mgものプラセンタを摂取することができます。満足度が90%を超える人気のあるサプリメントです。


基本のサプリ

基本のサプリ
基本のサプリとはキッコーマンから発売されている更年期サプリメントです。更年期で減少してしまう女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボンを抱負に含んでいます。

キッコーマンは醤油を販売しているとても有名な会社です。醤油の原料は大豆ですから、大豆の研究においては大きな技術料を持っているのがキッコーマンです。

大豆イソフラボンのサプリメントは多くの会社から販売されていますが、キッコーマンの基本のサプリには胃や腸でしっかり吸収できるようアグリコン型という大豆イソフラボンを配合しているのが大きな特徴です。


有機 田七人参

田七人参
有機 田七人参とは更年期の症状に効果をもたらしてくれるサプリメントです。田七人参とは昔から高級漢方薬として使用されてきました。田七人参には免疫力と肝機能を高める効果があります。

また、血糖値も下げてくれ、中性脂肪やコレステロールも分解する作用もあります。血流を改善させ、更年期障害への効果が期待できます。田七人参には副作用はありません。

ホルモンバランスを整え、抗ストレス作用をもたらしてくれます。田七人参はとても歴史のある身体に嬉しい成分がたくさん含まれています。その成分をサプリメントで気軽に摂ることができます。


キレイデエクオール

エクオール
キレイデエクオールとは更年期の症状を抑えてくれるサプリメントです。40代から50代の女性に特におすすめとされています。エクオールという成分が豊富にサプリメントの中に配合されています。

このエクオールは女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをする成分です。エクオールを摂取することによって更年期に不足している女性ホルモンの働きをサポートしてくれる効果があります。

またリンゴセラミドというお肌のハリを戻してくれる成分も含まれていますので、美肌効果も期待できます。1日2粒飲むだけで良いので手軽に摂れるという便利さもあります。

また、こちらの記事ではエクオールについて詳しく書いています。気になる方は読んでみてください。
⇒『エクオールとは?更年期症状の改善効果や副作用は!?


更年期サプリ比較表

通常価格(税込) 定期初回価格(税込) 2回目以降価格(税込) 定期解約条件 返品保証 特典 主な成分 内容量 1日あたり
高麗美人 3024円 2570円(二ヵ月ごと2袋お届けの場合の一袋単価) 2570円(二ヵ月ごと2袋お届けの場合の一袋単価) 次回お届け予定日から5日以内の場合は要電話 30日間全額返金保証 定期でミニ高麗美人ゲル(5g)プレゼント。高麗美人読本プレゼント EPA含有精製魚油、ゼラチン 350mg×62粒 2粒目安
エクオール+ラクトビオン酸 6480円 5832円(毎月便1本当たり) 5184円(3ヵ月便1本当たり) 5832円(毎月便1本当たり) 5184円(3ヵ月便1本当たり) お届け日の10日前までに連絡 返品不可 なし エクオール10mg ラクトビオン酸150mg 39.6g(440mg×90カプセル) 1日3粒まで
基本のサプリ 5460円 4914円 4914円 5回目まで継続が必要 14日以内 未開封のみ送料自己負担 なし ブドウ種子エキス、大豆抽出物(大豆抽出物、デキストリン) 270mg×60粒 2粒目安
ヴィーナスプラセンタEX 10584円 1080円 6138円 お届け予定日の10日前までに連絡 14日間 なし プラセンタエキス純末(豚由来) 300mg(被包材含めて490mg)×124粒 4粒
有機 田七人参 10800円 9720円 9720円 3回以上継続 7日以内 未開封 なし 有機田七人参 250mg×240粒 4~8粒
キレイ・デ・プラセンタ 7800円 2980円 7020円 お届け10日前 8日以内未開封 誕生日特典 馬由来プラセンタエキス末 8.28g(276mg×30カプセル 1粒
発酵熟成馬プラセンタ 5980円 1980円 4980円 お届け10日前 8日以内未開封 なし 発酵熟成馬プラセンタエキス末 276mg×30球 1粒
キレイデエクオール 5980円 3980円 4980円 お届け10日前 8日以内未開封 なし 発酵熟成馬プラセンタエキス末、 60粒x320mg 2粒
プラセンタ100 CORE_100粒 11880円 7900円 7900円 お届け予定日7日前までに電話 8日以内未開封 送料無料 プラセンタエキス末(豚を含む) 1箱100粒入り 2~4粒
ブルーミンプラセンタ300 12960円 2700円 8424円 発送予定日の7営業日前 10日以内 なし 2粒x30包 2粒目安
FUWARI(フワリ) 7020円 980円 3480円 次回お届け日の10日前までに連絡 90日間返金保証 微粒コラーゲンプレゼント プラセンタ・アスタキサンチン ソフトカプセルタイプ1袋90粒入り 3粒~6粒

医薬品でない健康補助食品のサプリメントは更年期障害に効果が期待できるのか?

めまいやのぼせ、イライラや不安感などの症状がでてしまう更年期障害の対処法として多くの方が西洋医療で処方された医薬品を求めてしまうのではないでしょうか?

確かに劇的な効果が期待できる医薬品は効果が高いと言えます。しかし一般的に西洋医学の根底には「対処療法」という概念が存在することから、ホルモンバランスを崩したことで発生する症状の緩和を行うことしかできないと考えられます。

西洋医学では更年期障害の治療を行うことが難しい?

既に紹介したように更年期に発生する更年期障害は、健康な体を維持するために必要となる女性ホルモンや男性ホルモンのホルモンの分泌量が減少することによって、ホルモンバランスを崩してしまうことで発生すると考えられています。

一般的な西洋医学では現在発生している症状を抑える治療を行うために、のぼせにはのぼせの薬、めまいにはめまいの薬が処方されます。確かに現在悩まされている症状が緩和されれば楽になることは間違いないので、各症状に合わせた医薬品を飲んでしまうことは理解できます。

しかし重要なことは「ホルモンバランスをいかにして回復するか?」、「いかにしてホルモンの分泌を促すか?」ではないでしょうか?

医薬品ではない健康補助食品サプリメントの強みとは?

医薬品ではないサプリメントは、服用を開始したからと言って劇的な効果が表れるものではありません。服用を続けることによって体を正常な状態や希望する状態に徐々に近付けていく、いわば肉体改造をサポートする効能が期待できるものです。

例えば女性の更年期障害は、女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌が減少することから引き起こされると考えられていますが、エストロゲンの分泌は自律神経が司っています。

例えば自律神経の中のエストロゲン分泌に働きかける部分に作用すると言われる、βグルカンを摂取することでエストロゲンの分泌が期待できると考えられています。

そこでβグルカンから作られるパラミロンを配合したサプリメントを服用することで、本来の体の調子を取り戻し更年期障害の症状の原因を解決する原因治療に踏み込める可能性があるのがサプリメントです。

更年期障害サプリの効果的な選び方とは?

前項で対処療法を行う西洋医学について触れましたが、実はサプリメントの中にも複合的な効果の中に対処療法が含まれるものもあり、使用目的によって非常に数多くの種類が販売されている状況です。

ホルモンバランスを整えながら悩まされている症状も緩和するサプリもある!

栄養補助食品に位置付けられるサプリメントの特徴は「緩やかに原因改善を行う」ものですが、辛い症状が軽減されるのならさらに嬉しいのが本音ですね。

前項で紹介したパラミロンは自律神経に働きかけエストロゲンの分泌を促す効果と共に、イライラを緩和する働きも期待されています。また血液循環を促す効果も見込めることから更年期障害の症状である、むくみや冷え性、肉体疲労にも効果が期待できます。

ホットフラッシュに効果があるといわれているのが、有効成分のサポニンです。サポニンはホットフラッシュの軽減と共にエストロゲンの減少を抑制する働きも期待されています。

そして女性ホルモンと構造が非常に似ていることから、摂取することで女性ホルモンが分泌されているのに近い状態を作り出せる成分として知られているのがイソフラボンです。イソフラボンの効果は広く知られていますが、サプリメントであれば効果的に必要な量のイソフラボンを確実に摂取できるのが魅力です。

症状にあわせて何種類かのサプリメントを服用しても、医薬品と違い体への負担が数ないので安心して服用できるのも嬉しいですね。

更年期障害用サプリメントに副作用の心配はないのか?

栄養補助食品であるサプリメントには医薬品のような劇的な効果が期待できないことは既に紹介しました。劇的な効果を求めるのであれば化学的に合成された医薬品を服用するのが一番ですが、残念ながら医薬品は劇的な効果がある反面副作用という面倒なことが付いて回ります。

サプリメントにも服用の際の注意点とは?

サプリメントは健康を維持するための栄養補助食品として開発されているために、天然由来成分を配合する傾向が強くあります。有効成分も医薬品のように高濃度ではないために効果も徐々に現れるものが一般的です。

つまり強力な効果が現れない反面、副作用の危険性も少ないと言うことになります。しかしユーザーの体質によってはアレルギー反応を引き起こす可能性がゼロではないので、アレルギー体質の方はサプリメントといえども服用は控えるべきです。

例えば女性ホルモンに類似していることから高い効果が期待できるイソフラボンの多くは、原料に大豆を用いていることから大豆アレルギーの方は摂取するべきではないと考えられます。

現在アレルギーの種類も多様化していることから、各メーカーでは原材料を明確に表記していますので、購入前に必ず目を通しておくことが必要です。

また凝固剤や酸化防止剤などの成分が合わない方も一定数いることから、使用開始後も体調不良を感じた場合は服用を中止し医師への相談を行うようにしてください。

早めのサプリメント使用で更年期の到来を先延ばしにし、更年期障害を乗り切れる!

サプリメントはゆっくりと体に作用していくために、更年期障害の症状がでてから飲み始めても効果が現れるまでに辛い思いをしなくてはならない可能性は否定できません。予防薬のつもりで更年期前からの服用が理想的です。

女性向けの更年期障害サプリメントの多くは、美肌効果のメリットがあるものも多くあります。これは女性ホルモンが美肌や美容効果に強く影響するものであることからの副産物です。

素肌ケア用品のつもりで更年期障害用のサプリメントを速めに服用することで、美肌と更年期突入の先延ばし効果の一石二鳥が狙えるのであれば、試してみる価値は十分あるのではないでしょうか。